バンディエラとしてティフォージから絶大な人気

バンディエラとしてティフォージから絶大な人気

イタリア、トレヴィーゾ県 コネリアーノ出身のアレッサンドロ・デル・ピエロ(Alessandro Del Piero 1974年11月9日生 )。ポジションはFW。
「デル・ピエロ・ゾーン」と特段ゴール前左45度は呼ばれ、右足のインフロントでこのゾーンから放たれたボールが、ゴール右隅にゆるやかな弧を描いて吸い込まれる様子は大多数の観客を魅了してやまない。
セリエB(当時)の91/92シーズンにカルチョ・パドヴァでキャリアを開始、トップチームデビューを92年3月15日のメッシーナ戦で果たす。

2シーズンをパドヴァですごした後、セリエA のユヴェントスに93/94シーズンに移籍、セリエAデビューを93年9月12日のフォッジャ戦にて行い、その一週間後のレッジャーナ戦で初ゴール、初のハットトリックを1994年3月のパルマ戦では達成をする。

イタリアセリエAの名門ユヴェントスの10番を背負う。

所属はセリエAのユヴェントスであり、キャプテンを務める。
元イタリア代表。チームメイトからの信頼がキャプテンシーにあふれ厚く、バンディエラとしてティフォージからおどろきの人気を誇る。
ゴール前に左サイドからドリブルで切り込む得意としてプレーをスルーパスやロングパスも高いレベルにある。
豊富なバリエーション、高い技を持つFW。
それに、次のプレーに最適な場所にワンタッチでボールをコントロールするのも一流の技。


デル・ピエロのプレイをアクロバティックなシュートとかヒールキック、ダイレクトシュートなども特徴付けるものの一つであり、フィオレンティーナ戦でのセリエA、94/95シーズンのダイレクトボレーシュートは伝説と未だになっている。翌シーズン、出場回数をロベルト・バッジョの不調もあって、増やしていくと、背後からのロングボールをダイレクトで、しかもアウトサイドにかけたボレーシュートを決めたことによって、94年12月のフィオレンティーナ戦にて、デル・ピエロの名前はファンタジスタとして認知されるようになった。自身初のスクデットをこのシーズンに獲得。


ホーム RSS購読 サイトマップ