バイエルンのユースが輩出

バイエルンのユースが輩出

ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属。2000年から所属をするバイエルン・ミュンヘンのユースチームを経て、トップチームに2008年に昇格をした。

20歳とはおもえぬ落ち着きでゴール前ではシュートを放つなど、ドイツの未来をトニ・クロースと並び背負うべき至宝である。ドイツ代表。

敏い状況判断でやわらかな技術もさることながら、チャンスを作り出す。アルゼンチンとの親善試合で2010年3月3日、A代表デビュー。

出場を途中9月12日のボルシア・ドルトムント戦でし2ゴールを決め、3日後のUEFAチャンピオンズリーグのマッカビ・ハイファFC戦でも2ゴールを挙げる活躍を見せるなどレギュラーに定着をしゴールを量産。偉大な同姓の先輩ゲルト・ミュラーの後継者といわれる。

警告累積で準決勝では出場停止となり、ドイツはこのミュラー不在が響いて敗れたものの、先制ゴールを3位決定戦でも挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。MFまたはポジションはFWである。

2010FIFAワールドカップに向けた代表にも選出。わずか大会前までのA代表キャップは5試合だったが、代表初得点となるゴールをグループリーグ初戦のオーストラリア戦で決めると、2ゴール1アシストの決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

攻撃的位置ならどこでも水準以上のプレーを披露するバイエルンのユースが輩出をした、MF。背番号はバイエルンで「25」をつけ、ゲルト・ミュラーと同じ代表では「13」をつけている。

ドイツ・ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン出身のトーマス・ミュラー(ThomasM端ller1989年9月13日生)。国内2冠およびCL準優勝にバイエルンで貢献をした。

ACミラン戦などで2009シーズン開幕前のアウディカップではゴールを決める活躍を見せると、好調をそのままシーズンでも維持をし出場する機会を得る。ドイツU-21代表デビューを2009年8月のトルコ戦で飾り、親善試合に向けてのドイツ代表に同年11月には初招集された。


ホーム RSS購読 サイトマップ