ダビド・ビジャ・サンチェス

ダビド・ビジャ・サンチェス

デビューをデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でし、プリメーラ初得点をレアル・ムルシア戦で決めた。デビューをUEFAインタートトカップのKAAヘント戦でして、初ゴールも決めた。

トップチームで2000/01シーズンにデビューし、25得点を2シーズンで決めてレギュラーに定着。スポルティング・ヒホンの下部組織、マレオに17歳の際に移った。

生まれながらのスピードとテクを兼ね備えたストライカーである。スペイン代表でリーガ・エスパニョーラのバルセロナに所属をする。

2006年4月23日のアスレティック・ビルバオ戦では、続けざまに80分から85分の間に3得点を決め、新規移籍後ハットトリックを達成。移籍金約300万ユーロで2003年夏にレアル・サラゴサに移籍した。

スペインのアストゥリアス州ラングレオ出身のダビド・ビジャ・サンチェス(DavidVillaS叩nchez1981年12月3日生)。常にボールを持ってない時でも、DFラインの裏を狙いカウンターやスルーパスからの得点もうんと。

ルイス・エンリケなどの名選手をスポルティング・ヒホンは輩出し、育成に長ける事で知られる。さらに、失敗をほとんどしないPKキッカーとしてもフリーキックも得意とし知られてる。

代表にラウル・ゴンザレスが招集されなくなってから背番号7を背負ってる。25ゴールをシーズンを通じて決め、26ゴールのサミュエル・エトーには及ばなかったものの、好成績を残した。

リーグ戦デビューを8月27日のレアル・ベティス戦でして、途中出場をして翌節のレアル・サラゴサ戦では古巣の相手にリーグ戦初ゴールを奪った。移籍金1200万ユーロ(約16億8000万円)で2005年夏にバレンシアに移籍。

ポジションはFW。


ホーム RSS購読 サイトマップ