スポーツブックの先進国とも言える英国

スポーツブックの先進国とも言える英国

例えば、タビタビ日本のスポーツニュースでも登場をするワールドカップの優勝国などのオッズやオリンピックの優勝者予想のオッズは、スポーツブックでも英国最大手bet365やWilliamHillなどの会社が発表したオッズが参考にされている事がほとんどです。賭けを受け付ける主体は国家であったり大企業であったりと違いはあるんですが、サッカー、野球、テニス、ボクシングなどのスポーツから競馬まで、ラスベガスをはじめにする大カジノ企業が各顧客からの賭けを受け付ける場合や、ヨーロッパで主流であったサッカーくじまで、スポーツブック(この場合のブックは賭けという意味です)と呼び各種のスポーツとか格闘技の勝敗に対する賭けをおこなうこい沢山の人達が世界の各地で楽しみとして楽しんでおります。

これらブックメーカー各社は最近ではwebでのサービスもしていて、簡単にどんなとこからからでも参加出来ます。株式上場企業を含むほとんどの企業がヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなど大多数の西欧諸国では各国政府のプロジェクト許可を貰ってこのスポーツブックプロジェクトをしてます。

その存在と経営自体は各国政府の規制の範囲内で経営されてるので、当然合法です。インターネットでスポーツブックに近頃では簡単に参加できるようになりました。

合法とはっきりとしている英国のような国も多端ですが、取り締まりを違法として国もいくつかあります。違法なものではありません。

大手のスポーツブックのオッズを日本にいても耳によくします。旅行などでスポーツブックの先進国ともいえる英国に、訪れた事がある方は、賭けにちょっとしたお店でも参加出来、賭けたい試合などを張り出されたオッズを見て紙に書き購入をするという風景が普通に見られたと思います。

スポーツベットで法律に遊ぶ事が触れるかどんなふうにかは、賭ける側の国の法律によります。


ホーム RSS購読 サイトマップ